WORKS

L2V

■住宅
[2003-PROJECT]
東京都豊島区

敷地東側は幅員18Mの計画道路であり、反面、西側は図書館や、公園、住宅といった静かな環境。つまり敷地はその二面性の間にたたされることになる。
デザインのテーマは機能においてその二面性を住環境に対し反映し、外観はそれにふさわしい二つの表情をもたせること。
この住宅は二枚のL字型の壁と一枚のV字型の壁で構成される。
L字型の壁は計画道路に対する防音壁の役目果たし、そこに隙間を設け、向かいの神社の緑を屋内に取り込む。V字型の壁は木製のルーバーにすることで南の陽光を取り入れながら屋内のプライバシーを守る。それは同時に堅固な印象と柔らかな印象、つまり柔と剛の表情をもつ。