WORKS

炭火自前焼 したつづみ C’s-dining

■飲食店
[2002]
工事種別:内装工事
施工:柴山建設
群馬県吾妻郡草津町

2001年に竣工したラーメン店の2階部分の改装である。ラーメン店の集客、客単価のさらなる底上げが目的なのはもちろんだが、クライアントの次なる新店舗形態への挑戦でもあった。客自身が食材を焼く、いわゆる自前焼の店である。
カウンターテーブルには火床(ひどこ)と呼ばれる溝が配されている。ガラスネタケース内の鶏串を中心とした食材が店内を彩る。客はそれらの食材を火床に置かれた炭で焼くという行為を楽しむことができる。
ボーダーからカウンターにかけてコの字形を描くエッジライトは、炭火の光のメタファーである。またそれは外観上、躯体スラブと対(カウンターフォーム)をなす。
それは当店舗のエレメントである”C”のイメージを外部に対しシンボリックに発信する。